2020年のストロベリームーンの時間・方角は?ピークや見どころも調査!

景色

今夜は待ちに待った、ストロベリームーンの日です!
赤く染まる満月、ロマンチックですよね。

「今宵は月が綺麗ですね」って愛の告白されたことある管理人ですぐふふ←

さて、今回は2020年のストロベリームーンの時間・方角についてと、ピークや見どころも調査してみましたよ。

調べてみたところ、2020年ストロベリームーンのピークは結構明け方でした!

起きてられるかな〜。

では、さっそくどうぞ。

2020年のストロベリームーンの時間・方角

2020年のストロベリームーン(満月)は、6月5日の18時半頃から空に現れます。

方角は東南東~南~西南西に移動していきます。

なお、6月5日から6月6日にかけての日本全国の空模様、ストロベリームーンの見えそうな都道府県はこちら。

北海道北部と、九州南部以外はチャンスあるかも?

 

2020年のストロベリームーンのピーク・見どころ

2020年のストロベリームーンのピーク時間はいつなんでしょう?

ストロベリームーンが一番高い位置になるのは、6月6日深夜1時ごろ。

6月6日の朝4時ごろ、西の方角に沈みゆくストロベリームーンが一番きれいです!

写真に撮れると良いな〜。

また、明け方にかけて「半影月食」と呼ばれる地球の影が映り込む月食も発生します。

 

ストロベリームーンの名前の由来とは?

さて、なんだか美味しそうな名前のストロベリームーン(笑)

名前の由来はなんでしょうね?

実は年間の満月にはすべて「〇〇ムーン」という名前がつけられています。

こんな感じ。

  • 1月: Wolf Moon(狼月)
  • 2月: Snow Moon(雪月)
  • 3月: Worm Moon(芋虫月)
  • 4月: Pink Moon(桃色月)
  • 5月: Flower Moon(花月)
  • 6月: Strawberry Moon(苺月)
  • 7月: Buck Moon(男鹿月)
  • 8月: Sturgeon Moon(チョウザメ月)
  • 9月: Harvest Moon(収穫月)
  • 10月: Hunter’s Moon(狩猟月)
  • 11月: Beaver Moon(ビーバー月)
  • 12月: Cold Moon(寒月)

ストロベリームーンは、アメリカの先住民がイチゴの収穫期にちなんでつけたとか、色が赤いからとか、諸説あります(笑)

で、皆さん一度は聞いたことあるかもしれない「スーパームーン」は、満月の中でも特に「地球との距離が近く、大きく明るく見える」満月です。

残念ながら今年のスーパームーン(4月7日)は、コロナの影響であまり話題にならなかったですね。

2021年のスーパームーンは、5月26日という予測があります。

ストロベリームーンが赤く見えやすい理由

北半球では6月に見える月は高度が低いため、「赤く見えやすい」という特徴があります。

太陽も、日暮れごろには夕焼けで赤く見えますよね。

それと同じで、月も高度が低いと赤く見えるんです。

  • 高度が低いと、大気圏の中を通る距離が長い
  • 大気圏の中を通る距離が長いと、光の屈折が拡散されて地表に届かない
  • 赤色の可視光は一番屈折の影響を受けにくいので、赤に見える

まとめ

いかがだったでしょうか?

今年の満月はストロベリームーン。

6月6日の朝4時ごろが一番ピークです。

起きていられなかったらYou Tubeアーカイブで見ましょ♪

では、皆さんの撮影した満月写真を楽しみにしながら、おやすみなさい…Zzz

https://youtu.be/Q94jG-rfF7E

Posted by admin